HOME のしたのFAQ



FAQ

1.MSエンジニアリングはどんな会社ですか?

超伝導磁気分離技術をいろんな産業に使ってもらおうと努力をしています。産業廃水の浄化や汚染土壌の修復、有価物回収など特異なところでは、創薬の分野で磁気分離など多くの研究開発プロジェクトを進めています。

会社設立の背景については、会社案内をご参照ください。

2.MSエンジニアリングのMSは何ですか?

磁気分離Magnetic Separationの頭文字を取り、社名にしました。

マイクロソフト社とは関係がありません。

3.超伝導磁気分離とは何ですか?

超伝導磁石が作りだす強くて広範囲な磁場を用いて、物質を分離させることです。

超伝導磁石は超電導線で作られた磁石です。超電導状態になると抵抗がゼロ(0)の永久電流が流れ、電力を消費しません。そのため低コストな分離システムを構築することができます。

4.他の分離技術と異なる点はどこですか?

物質の大きさや重さ、また化学的性質で物質を分けるなど様々な分離技術がありますが、私たちの磁気分離は、物質が磁性を持っているかいないかで分けるユニークな分離技術です。

5.どういったものが分離できるのですか?

磁性を持っている物質が対象となります。

磁性を持っていない物質には磁性を付与する技術が研究・開発されていますので、実際には範囲を限定しません。

具体的にお考えのことがありましたら、お問い合わせください。

6.水中に溶解されている物質を取り除くしくみを教えてください。

水に溶解している物質は磁性を持っている吸着材(磁性吸着材、磁性多孔質体)で吸着して取り除きます。この方法を用いれば水に溶解している有用な物質を磁気分離によって回収することも可能です。

7.水中にあるものしか分離できませんか?

泥中VOCの分離に実績があります。 固形の事例はありませんが、理論的には可能です。ご相談に応じますので、ご連絡ください。

8.取り残しはありませんか?

ゼロにすることはできませんが、実験段階で基準値をクリアするように調整して、できる限り取り残しのないように予備実験を行っています。

9.分離した後はどうなりますか?

不用な物質は乾燥、不溶化、あるいは必要に応じて無害化して処理されます。 有用な物質は回収します。

10.どんな業界に実績がありますか?

・製紙業界に廃水処理システム

・建設業界に汚染地盤からVOCの浄化

11.事例以外に研究開発している分野はありますか?

希少金属の回収をテーマに磁気分離の研究開発を進めています。共同開発などをご希望の方はぜひご連絡ください。

12.取り扱い品目は何がありますか?

機器に関する情報は製品紹介をご参照ください。

磁性吸着剤、磁性多孔質体の開発も行っております。サンプルをお出しできる(有償)商品もありますので、詳細ページをご参照の上、お問い合わせください。

13.導入事例を見ても当てはまるものがありませんが、対応できますか?

いろんな分野でいままでできなかったこと、お困りのことなど、磁気分離を導入することにより簡単に解決できることがたくさんあります。どんな分野でもチャレンジしてまいりますので、どうぞお問い合わせください。

14.研究・製品開発の相談に乗ってもらえますか?

はい。内容によっては、研究室で調査、実験もいたします。お気軽にご連絡ください。

15.処理能力はどれくらいですか?

水処理システムでは100トン/1時間の処理を経験しました。磁性の強さ、粘性などいろんな条件がありますが1時間100リットルから100トンまでいろいろなシステムが可能です。

16.磁石の寿命はどれくらいですか?

現在の所、最大500L/minの処理量で10年程度と試算しております。

17.保障期間はありますか?

納入後1年間の保証をいたします。(ただし、消耗部品は省きます。)

18.機密情報についての取り決めはありますか?

はい。「機密保持契約」をお客様と締結させていただきます。

お各様の機密事項が外部に漏れることがないよう、対応させていただきます。

19.海外でも対応できますか?

はい。実績はありませんが、海外においても対応可能です。ただし、一部不可のものも有りますのでお問い合わせください。